「ガトー・ド・ボワイヤージュ」のケーキは甘めだった秋の備忘録 ラゾーナ川崎より

01-09-2021おでかけ, 川崎ケーキ・スイーツ, 持ち帰り, ラゾーナ川崎

ラゾーナ川崎プラザもクリスマス一色になりつつある中、クリスマスケーキを探しに行きました。そういえば、秋に来た時はモンブランが食べたくて「ガトー・ド・ボワイヤージュ」へ。和栗のモンブラン、カボチャのシャルロット(各500円)を持ち帰りした感想です。
 
 
秋の味覚を楽しみたい&見かけに釣られて買ってみました。
オープンすると、なんともインスタ映えしそうな見た目!
季節ものとしてパンプキンのケーキの色が映える!
 
 
しーかーし、
結論、私は秋の味覚が合わないかもと悟った!(笑)
 
逆を言えば
 
・モンブランは栗の風味で甘みが濃い!
・パンプキンは、めっちゃカボチャの味が広がる!
 
という味が好きな人にはオススメってことです。
私も濃い目のコーヒーか紅茶と共に食べれば良かったかな(笑)
ココアと合わせたら甘すぎた。
 
カボチャも子供の頃は苦手だったけど、今なら食べれるのではと‥
誰もがそうでは無いと言うことですね。
モンブランもこの時期しか売ってないから食べたいと思いつつ、
買うたびに「甘いんだよなぁ‥」と思っている気が、、
 
その思いを忘れさせてくれるほどの。見た目の魅力があるよね。
モンブランを食べる時は一口だけいただくか、
チョコレートのモンブラン
抹茶モンブラン
みたいなのを選ぶとここに誓いましょう!
ってか、そうした味のモンブランはケーキ店に冬でも売ってる!買おう!
 
 
口コミも投稿したよ!