ネタバレ注意!小説「BEAST -白の芥川、黒の敦-」文豪ストレイドッグス デッドアップル特典の状況が!

05-20-2018読書感想, 読書, 映画, ネタバレ, アニメ, マンガ

映画文ストの来場者特典だった小説のあらすじと見どころ…異能探偵社に所属する芥川、マフィアの敦!「この世界が、一つの巨大な嘘であるという事実を」という太宰のセリフの結末も最後に紹介します。2週目の特典「太宰、中也、十五歳」も読みたい…!

  • 織田作之助に会うと瞬時に異能で切りかかる芥川!しかしそれを紙一重で余裕に返す「天衣無縫」の異能者である織田先輩!
  • 院長先生に「誕生日おめでとう」と言ってもらえた敦の過去…な…マンガよりあれな…
  • 高層ビルの中や外での空中戦を繰り広げる太宰と敦(白虎)の容赦ない戦い!

大まかなあらすじ

芥川龍之介が生まれ育った街の悲惨さが語られる。孤児院とはまた違った、裏の街…食べていくのも必至な子供の頃の芥川の元に現れたのが太宰治。そして妹の銀がさらわれて4年と半年の月日が流れて次の章へ

谷崎潤一郎と国木田独歩とのやり取りから始まる探偵社に入社した芥川の話
そしてナオミに江戸川乱歩を紹介され、6つの「いいよ判子」を集めれば教えてくれるとの条件。

・命じた異能探偵社の社長、福沢諭吉は最初から判を押した
・谷崎は「自分なら悠長に集めてられないのに、君は偉い…」そう言ってその場でOK
・宮沢賢治は田植えを依頼、2週間に及ぶ淡々とした作業とゴハンの話で意気投合
・国木田は社員の自由さに終止符を打つべく、芥川を規則正しく仕事をさせるという・・愉快なやり取り
・織田は6人の子供の面倒を押し付け、授業参観も。最終的には「生き残るのは怒りを捨て、合理的に立ち回る者のみ」という諭しを
・与謝野晶子は敦との戦闘でボロボロになった太宰を”好きに”治療して満足

同時進行で中島敦と泉鏡花のポートマフィアの話。

森鴎外を殺してボスの座に付いている芥川と側近の中原中也。探偵社へのおつかいを頼まれる。

1階の喫茶店「うずまき」にて敦の手紙を預かろうとする芥川だが、中身を確認したいと伝えてみると…探し続けていた銀の写真が入ってたことで敦に襲い掛かるが、ボロボロに。敦も太宰の真意を聞きに戻る。

「いいよカード」が集まったこともあり、太宰の居場所を教えてもらって単独で潜入。鏡花と戦い、敦から攻撃を受け…彼女の携帯を奪って夜叉白雪に1時間後に主を殺すよう命じる。敦も必死になってくる。

谷崎に助けられ、最上階へ。

銀と再会するがケガをした自分を放って復讐の獣と化す兄を弾劾。言葉が出ない芥川…兄を助けるべく、自らを犠牲にする覚悟の妹だった。

その間、太宰は芥川の声を録音しておいたため、鏡花の夜叉白雪を止めることができた。しかし、再び狙われるだろうということを敦に伝える。過去を思い出す敦は院長先生を手にかけてしまったことを思い出す。自分を守っていたと知るのは殺した後だった…て再び対決する2人となる。

太宰は織田に会う。いつものバーで…しかし、この世界では初対面となるため織田に怪訝に思われつつ、太宰は全てを知っているようだった…悲しげに…

そんなシーンを挟んで最終的には芥川が勝利。ボロボロだけど。
そして太宰は敦に探偵社に鏡花と世話になるよう伝え、この世界の秘密を語る。終始真面目な太宰は貴重だった。

小説のココが良かった!

 

  • 妹想いの芥川と谷崎の会話や熱い思いが素敵!
  • 賢治と芥川の「土にいる幼虫っておいしいよね!」という意気投合っぷりに国木田「仲よくなっとる・・・」
  • 白い死神と呼ばれる敦のクールな模様は映像化してほしい…!
  • 同じく、天然で我儘な芥川の声も実際に聞きたい…!(机の下で与謝野女医から隠れる、床に完全に同化した芥川
  • 賢治との田植えシーン、芥川の作業服姿も見たい(笑)
  • 国「事務作業やるよ!」

あ「事務や書類仕事は好かぬ」

く「いやお前」

あ「理想と云うなら、僕より事務を得てとする者に一任するのが理想だ」

く「そうは云うがな」

あ「敵は何処だ?探偵社の業務を阻む邪魔者があれば、すぐさま刻み捨てる」

く「いやだから、そういうのばかりが仕事ではない」

あ「書類も刻み捨てる」

く「やめて!」

 

他にも聞き込みでビルから落とそうとする太宰を必死に止める国木田

書類作業を一年”休耕”させるべきと言う面白い言いまわしの芥川…小説の前半はこんな楽しい夢みたいな共演が楽しかった!後半はガチ!

 

この物語の秘密と結末、全てを知っていた太宰

「本」はこの世の根源に近い存在。その中には無数のありうる可能性世界、あらゆる選択と条件変化によって無限分岐した世界の可能性すべてが、折り畳まれて内在しているんだ。そして「本」の頁に何かが書き込まれた瞬間、その内容に応じた世界が「呼び出される」。

 

そうして本と現実の世界が変わったのがこの本の話。

太宰は現実の記憶を受け取っていたそうな。

織田作が小説を書く世界を消したくないそうだ…

 

おまけ:アニメを見返して…

2話「戻れない場所」の14分あたり

  • 貧民街で君を見つけたら辛抱強く育てただろうに…

そう言ってた太宰の話が語られたと思うと涙が…!小説の続き、見たかったろうな…

そういえば、3話「いつか海の見える部屋で」って横浜美術館前、マークイズみなとみらいも出てたんだね。

映画のあらすじとTwitterなどの感想!

先日書いたのはこちら!

Twitterの感想は見つけつつ加えていきましょう!

 

メルカリで買うと高いけど、交換を求めてる方も多い!

 

 

 

 

10日に増刷が決定してた!

 

マンガ情報(最新刊など)

そして映画の漫画化も10日に…!