Netflixオリジナル映画【クリスマスクロニクル】~冬にサンタとワイワイしてみない?~

映画感想, 映画, Netflix

2018年の冬、CMでにぎわせたサンタクロースの姿…なんと、カート・ラッセルが演じているというので、その白髭と革製の赤いコートに目を奪われる!兄妹のワイワイした雰囲気とちょっと悲しい背景に涙を誘われつつも楽しめる作品ですよ。エルフや歌うサンタの姿と共に紹介!

-

簡単なあらすじ

 

多忙な母を持つ兄と妹。妹はサンタにビデオレターを録ってプレゼントを楽しみにしつつ、

イジワルで不良と付き合っている兄は「そんなものより手紙にしろ」と言ってきます。

クリスマスには母は仕事、兄は妹の面倒を押し付けられ、

当の妹は昔のクリスマスを録画したビデオを見ていてある発見をしました。

兄に見せたその動画にはチラっとサンタの手が映っていたのです。

 

妹は兄の悪事を録画したテープを交渉材料にして

その夜、サンタを一緒に待ち伏せることに…

すると、サンタが現れたため急いで追いかける2人!

ソリに乗り込んでしまって思わず隠れるとサンタは空高く飛ばしていきます。

 

妹は寒さのあまりサンタに毛布をもらおうと声をかけると

驚いたサンタは大きなプレゼント袋を落とし、トナカイたちを切り離してしまい、ソリは墜落…

急いで袋とトナカイを見つけるべく、兄妹も手伝うと申し出ます。

途中、サンタは不審者として警察に捕まりながらも、

妹はトナカイたちを発見して兄と共に袋探しへ。

 

妹は見つけた袋の中に入ってエルフを探していると、

外にいた兄の元には不良たちが…ボスの元に連れていかれてピンチに陥ります。

エルフを説得した妹は彼らと共に兄を助け、

自力で脱出したサンタと合流。

しかし、夜明けまで時間がありません。

 

兄妹はエルフたちとも協力して配れば大丈夫!と説得して

サンタはプレゼント配りを始めたのです。

なんとか夜明けまでに終えて、

兄妹は家へ…彼らにもプレゼントが残されており、

それぞれ喜びつつクリスマスを過ごしました。

 

 

~感動とアクションなど~

 

・アクションはCGをフルに使用した、空から見る幻想的な雪&夜景がステキ!

・ソリ&トナカイの走り抜けるさまが爽快!

・刑務所でカートラッセルのミュージカル風に歌う姿が良い♪

・エゴだったのか…

・サンタは太っちょじゃない!「ホーホー!」と言わない!

→「オレのケツはこんなにデカいか!?」と言うサンタが面白い

→でも、最後には兄妹の願いで「ホーホー!」と言って去っていくイケメン

 

・エルフがたくさん!しかもデザインが異なる!

・エルフ、チェーンソーで容赦なく襲い掛かる(笑)

・妹が住所と名前を読み上げてサンタが配達→それでも間に合わないのでは!?

 

 

・兄へのプレゼントは「古びた金色のオーナメント」

→そこには父の姿が映り、「誇らしい」と伝えれて感動

(兄は勝手に人助けをして炎に飛び込んだ父を恨んでいたのかと思いきや、ギャップが良い)

・妹がちょっとイラっとするキャラ?いや、『ホームアローン』が懐かしくなるキャラ!

・最後には兄妹、そして母が仲良く…ウルっとするね

・さすがに父親と直接は会えなかったけど、現実的でいい話、かな?

有名な映画監督ということで観賞した方も少なくないようです。

今年のクリスマスにも是非ともお勧めしたい映画でした★