【感想】最後のストーンがエグイ!アベンジャーズ最新作映画『インフィニティウォー』のネタバレ・あらすじ

05-04-2018映画感想, チネチッタ, ネタバレ

ソウルストーンがついに出てきて、サノスが全部集めるため無双して…そして私は開始5分で帰りたくなる展開でしたので「面白かった!良かった!」なんて感想は出てきませんが、「やってくれたぜ…!」という感動がありました。ネタバレしつつも登場人物の感想や、パンフレット情報もお伝えしていきましょう~
 

基本情報

上映時間は150分!飲み物とハンカチを持って映画館がおススメですね…

これまでの映画を予習する順番は…

『ガーディアンズオブギャラクシー』シリーズは見ておくと良いですね!ガモーラとサノス、クイルの関係をもう一度見ておくとね…涙がね…あと、クイルとソーのどちらの家族模様が悲惨かを改めて考えたいなら『マイテ・ソー』シリーズも◎

逆にアイアンマンシリーズを見ておくと、久々に出てくるポッツの関係と、サノスが「自分と似ているな…」って言ってたのに同調できますかね。あれは2人は会ってなかったから、ソウルストーンの力なんだろうな~

インフィニティストーンと武器の関係

 

キューブもロキの杖も青色だったから間違えやすかった私。各ストーンの力でそれぞれ把握していくのが良いですね!

1週目の興行収入が凄い!

 

 

パンフレット情報と紹介

杉山すぴ豊さんの紹介もあって、特別版も販売!普通のパンフレットが800円で、開くとキャラクター絵が光ってる方は+200円ですね…残り1年も続編を待つのだから買っても良いよね…!
 
中の内容をダイジェストに~
 
  • キャラクター紹介とインタビュー
  • 映画の名シーンの数々
  • イラストタッチ、デザイン性の高い絵
  • 「これまでのあらすじ」が分かりやすい
  • 登場人物の紹介も分かりやすい
  • プレイバック(過去作品のあらすじ、見どころ)
  • 監督や製作陣、スタンリーのコメント
以下からネタバレ!

登場人物の良さ…!

サノス(ジョシュ・ブローリン)

「デッドプール2」にも出演するとは思えない貫禄!インタビューいわく、アベンジャーズ作品への出演は、大作を断っていた中で新しい世界の広がるサノスの世界に入っていきたいとのことで決まったそうです。デッドプールにも出たらまた別の世界が広がってしまいそうですね。

そして今作の主役ともいえるサノス…インフェニティウォーは彼の物語だったなぁと思いました。「ガーディアンズオブギャラリー」の時からガモーラを愛娘と言っていたけど、本気の本気だったとはね…ホラ、悪役特有の「よくやってくれた、お前にはもう様済みだ」ってなると思いましたが、涙を流して崖から落とすとは…このシーンに関しては「ソウルストーン」で改めて!

 

ティ・チャラ:ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)

登場する時の音楽で「次はブラックパンサーが出る!」って一番分かりやすい!独特な民族音楽は耳に残って、勇気が湧いてくる感じが良いですね。
 
・初対面のバナーがお辞儀してるのが面白い
・士気の高い掛け声!
妹のシュリの科学力は大活躍
 
演じたチャドは「涙を流すと快感にもつながる作品。楽しんでもらえる」、「世界観を体感する」と語っているあたり、心を通わす感がある方だなぁとシミジミ…そして「ブラックパンサー」を見てから今作を観た辺り、「現実はあまくない!」っていう厳しさとヒーローの強さを受け継いで見れたのが良かったな~
 

ドラックス(デイブ・バウティスタ)

「ガーディアンズオブギャラクシー」の2では、あんなに笑い上戸で楽しげだったのにね。今作はシリアスに戦ったりコメントしたり、クイルがソーと会った時に真剣に「クイル、声低くしてるだろう」と詰め寄ったり…これは面白かった(笑)
 
・体の模様を付けていくのには時間がかかる
・デイブはロバートダウニーのファン!
 

ピーター・ジェイソン・クイル:スター・ロード(クリス・プラット)

グルートのお母さん役(笑)そして笑っていいのか分からないけど、ソーとの張り合い=「家族から苦しめられ度合い」がどっちもヒドイ!
登場シーンは音楽に合わせて歌ってるのが良いね!
 
太った(笑)首のラインと腹具合が!
・『ジュラシックワールド 炎の王国』での活躍が楽しみ
 

ビジョン(ポール・ベタニー)

人の姿だと「チャーリーモルデガイ」の時の姿を思い出す!
スコットランドでスカーレットウィッチと会い続けてきたのかな~そこらへんのクローズアップは別途映画とかでやらないかな~
 
・全身隙間の無い衣装は気がおかしくなるレベル!
・声だけでの出演から人へ…
 
と、語ってるあたり、歴史もある中とても変化してきた方ですね。生きて戻ってくると良いけど…にしても、スカーレットウィッチは弟のクイックシルバーを殺されて、ビジョンは自身の手で消滅1回させて…若くして苦労が絶えない美女ですよ…
 

ハルク:バナー博士(マーク・ラファロ)

 マーク・ラファロ氏は「グランドイリュージョン」でも賢さある役でしたが、最近のアベンジャーズシリーズでは”天然・面白系”かな(笑)
 
「NO!!」といって変身しない!
・ハルクバスターに乗ってはしゃぐバナー!でも転んでオコエに冷ややかな目を向けられる
・またブラックウィドウに出会えたのだが…
 
と~、いろいろな人の話を書いていきたいけど今日はここまで!ロキとアイアンマンは語りたいな~

ソウルストーンの感想とあらすじ~この石の力はエグイ~

今まで出てこなかったソウルストーンは、ガモーラが地図を持っていた…その様子はネビュラの機械、もとい録画した視野映像によりサノスにバレ、地図を燃やしてあったからあとはガモーラの記憶頼み。
それを察していたからクイルに「サノスに捕まったら殺して欲しい」と真面目に頼んで、クイルも珍しく了承した…そして案の定、捕まってしまったガモーラ。クイルは銃を構えて、サノスは自ら「やってみろ」と言わんばかりに挑発。
 
クイルは撃った
 
だが、サノスのリアリティストーン(赤)の現実改編の力により、弾も銃もシャボンに変わってしまう…サノスは「気に入った」と言い残して去った。
 
サノスはガモーラにソウルストーンの元に案内させ、そこには守護者でありストーンに取り込まれたレッドスカルが案内をしていた。彼いわく、覚悟を持った人物が多く現れたと言うが…
 
ソウルストーンを得るには愛する者を失わなければならない
 
ガモーラは笑った、皮肉を言った
サノスにそんな存在はいないと…
 
サノスは涙を流した
守護者も分かっていた
ガモーラは察した 
 
そしてサノスはガモーラを無理やり崖から落としたのだった…
 
 
―以上がソウルストーンとサノス、ガモーラの物語でしたね、容赦なく、しかし物語としては筋が通ってました…クイルは一度は助かったと思ったガモーラが死んだと知った時はどう思ったのかなぁ―消えてしまったけど、ショックだろうな…
さて、映画全体のあらすじとかも、いつかまた!

Twitterで俳優さんや素敵な画像を見つけた!

 

ベネディクト・カンバーバッチさんにセンスを感じる! ロキも!
 

さてはて、誰の最後なのかと考えますよね…

残ったのは初代のメンバーばかりであるラスト…アイアンマンもキャップも身を挺して何かしてきそうですよ。トニーはポッツと幸せに暮らして欲しいとも思うのです。

 

ヒロアカとのコラボも楽しみ!良いよね!作者さんが喜んでそう~