【感想・ネタバレ】三味線と折り紙『KUBO クボ 二本の弦の秘密』の謎に納得

06-02-2018映画感想, 映画, 映画館, 109, 最新作, ネタバレ

和の音楽が奏でる中、折り紙の舞う姿が素敵な映画

アニメーション映画かと思って油断してましたが家族愛と感動、そして紅葉や折り紙の揺れ動くさまが素敵な『KUBO クボ 二本の弦の秘密』でした!弦の秘密にも納得しつつ、ひとまず感想を!

 

ずっと泣いてた… #クボ二本の弦の秘密 #kuboandthetwostrings

akira yoshidaさん(@agiraagira)がシェアした投稿 –

 

弦の秘密と登場人物のネタバレ

クボが旅を共にする女性猿…彼女?が実は亡くなった母親の化身であり、

旅の同行者としてもう一人加わった「クワガタ」という人型の男性…(けど、みんなに虫呼ばわりされていました)

彼の物語の最後の方に正体を明かされます。

実はクボと母を守るために死んだと言われていた侍の父親でした!

その事を知った直後にサルもクワガタも死んでしまうのですが、クワガタの持っていた弓の弦がタイトルの2つ目の弦となります。

冒頭で母がクボを助ける際に髪を1本手にしていたのと合わせて、最終決戦でクボが月の帝と戦う際に2本を三味線の弦に…そして3つの弦が必要なのため、最後の一つは自分の髪で代用して帝を退けたのでした。

両親を亡くしてしまうクボですが、思い出となる弦を持ち、物語を語り継いでいくことでしょうね…

ラスボスとかの感想を率直に

ラスボス、弱くないですか!?まぁ、家族愛にめっぽう弱いと言えばあっさりしてて良いのかな?魚になった姿もこれまでの敵より強そうに見えなかった(笑)

むしろ姉妹の方が強かったように見えたけど、帝は自ら戦いに出ないもんな~なるほど?クボの片目を奪う理由が愛に関わるのだけど…思い返してから納得できるか考えよう。

そして最初からサルが母親、クワガタが父親と知ってみると色々と見方が変わりますね!

思い起こすと涙が出そうなシーンが多い…!吹き替え版も気になるのでその時改めて感動を得たいと思いました。

折り紙と音楽が良い!

三味線音と共にしなやかに軽やかに動く折り紙がいいね!和音のBGMも素敵でした…!この辺り、アニメーションの制作秘話を見つけたら改めて更新していきたいと思います!今日のところはこれにて~

 

Wendy Pierceさん(@wendyology)がシェアした投稿

 

キャストと公式サイト

小林幸子さんがカメヨ役なのか!気になる日本語吹き替え版(笑)

アート・パーキンソン: クボ/矢島晶子
シャーリーズ・セロン: サル/田中敦子
マシュー・マコノヒー: クワガタ/ピエール瀧
ルーニー・マーラ:   闇の姉妹
レイフ・ファインズ:  月の帝
ジョージ・タケイ:   村人

引用:『.com』http://eiga.com/movie/85499/

 

追記~スタジオライカのインタビュー~

スタジオライカのアニメーションスーパーバイザーであるブラッド・シフさんのメッセージを見つけました。

スタジオライカ アニメーションスーパーバイザー ブラッド・シフインタビュー

ストップモーションは動き一つ一つに綿密さが必要

マグネットでポコッとハマるように設計された顔のパーツが必要なことから、闇の姉妹が好きだったとはね(笑)

滑らかに動く三味線の指から、日本独特の衣装とも言える着物の袖まで。細部にこだわりつつもリアルに動かしていくとはやはり見どころが違いますね。

風景、建物、衣装など花鳥風月という言葉が似合う映画でしたが、リサーチ力も凄かったようですね。黒澤作品の影響もあり、『千と千尋の神隠し』が好きとは!影響力強いな~

砕いたクルミやスポンジなど色々な素材を使っていくのも発想力が違うな~やっぱりそういった柔軟さが作品の良さにつながるのでしょうね。