【感想】コミカルなのにクールだった!スタンリーは元気そう!『マイティ・ソー バトルロイヤル』

11-10-2017映画感想, 映画, アメコミ, マイティ・ソー, チネチッタ, ネタバレ

3作目で一番好きだったラグナロク!

『マイティソー』も早くも3作目。今回が一番、笑いあり、涙あり、そしてバトルは多種多様!そんな感じで良かったです。登場人物や予告の紹介もしつつ、ネタバレも多くなるので、見た方は共感を。そうでない方は是非、映画をご覧ください★これまでのお話を知らなくても見やすいですよ。

 

歌もロキも良かった!

ソーの姉のヘラとオーディンとのタッグで戦争して戦う映画もみて見たかったかもね。

レッド・ツェッペリンの「移民の歌/Immigrant Song」合ってた!

 
曲が使われたのは2回。予告動画で使われていたようにヘラが現れた時…ではなく、最初に訪れた惑星ムスペルヘイムでスルトと大群VSソーの時です。しょっぱなから聞かせてくれるその戦いは、ハンマー・ムジョルニアを振り回して敵を一掃しつつ、カメラワークも楽しませてくれます。
ムジョルニア視点で敵を撃ち倒していったり、曲に合わせて「ガァン、ゴォン!」と鳴り響くハンマー音が良いですね…そしてムニョムニョが活躍する最後のシーンを見届けることになったわけでした…
 

 
2回目は最後の虹の橋での戦い。こちらは雷の力に覚醒したソーが無双のごとくヘラの軍を倒していくシーンです。回転しながら雷を放ったり、すれ違うだけで雷を食らわせたり…これまでとは全く違う戦い方も良いですね!
それにしてもハンマーがソーの力を制御するものだったとは…オーディン以上の力を秘めているのでしょうか?いつか復活してもおかしくなさそうなヘラと再び対峙することがあるのでしょうか?
 

ロキがかつてなく…良い人?

前作で死んだフリして王・オーディンに変身して成り代わっていたロキ。それにしても、成りすます気が無いのではないかと思えた登場シーン(笑)カウチのような豪華な長椅子に横たわりながら果物食べて茶番劇を見てるとか、あなたのお父上はそんなことしてなかったでしょうに!
そしてソーがアスガルドに帰還した際の一言が、「Oh,shit!!」という悪態のつきよう(笑)色々と怪しまれた結果、ムジョルニアの一撃を顔に受けそうになったのは当然の結果かな!「降参!」と言って変身を解いた際の周りの驚きっぷりは凄かったね~
 
 

さて、そんなロキですが
 
  • ドクターストレンジの転送用のゲートに落とされて30分も落ち続ける
  • 得意の幻影術でソーの目の前に現れたと疑われて、瓶を投げつけられて頭にクリーンヒット(多分、ソーは分かっててやった)
  • 宇宙船の奪還時にソーを騙そうとしてバレて服従装置を付けられてビリビリさせられる

イタズラの神がついに天罰を多数受けるというコミカルさがグッド。

けど、最後の虹の橋で助けに来たり、「おまえらにはリーダーが必要なようだ」とクールにキメてくれたり…何より私的グッドポイントは黒スーツがかっこよくて仕方なかった!素敵でしたね!

死ななくてよかったよロキ!

 

スタンリーとか、もろもろの感想

ソーが断髪する際、変な機械で髪を切ろうとしたのがまさかの『スタン・リー』(笑)
元気そうで何よりです。
あとは、ヘイムダルの姿がアサシンクリードに出てきそうな衣装でグッドだったり、ヘラの強さが無双だったので見てハラハラしつつ、「勝てないだろうさ、どうするの?」と思わされたりと、コミカルとシリアスのバランスが良かった感じですね。
泣かせられたのはブラック・ウィドウ(ナターシャ)の過去の映像の呼びかけでハルクが博士に戻ったシーン。そしてオーディンが「お前はハンマーの神か?」と回想でソーに呼びかけたシーン…油断してると涙を流します、気を付けましょう!
 
アドリブが8割だったとは思えない作品の出来に満足!
最後の宇宙船は、ロキがコズミックキューブ(インフィニティストーンの一つ)を持ち出したせいで、何かに見つかったのではと思ってますぜ…これはどうなるのやら!→11/06追記!下記の情報により、やっぱり解釈はあってたね!
 

米The Wrap誌の取材で、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は宇宙船の正体についてこう述べているのだ。

「私たちは“サンクチュアリII”と呼んでいますよ。」

引用:

【解説】『マイティ・ソー バトルロイヤル』ポストクレジットシーンの意味 ― 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』とのつながりは?
https://theriver.jp/thor-3-post-credit/

作品のあらすじや、パンフレット情報は…

需要があったら書くかも!記事のシェアとかで判断しましょうか~

書くと長くなるの請け合いだしね(笑) 

追加!裏話とかいろいろ

彼は2年間ずっとハルクなんですから。この惑星(サカール)の英雄になって、自分を受け入れる時間もしっかりあって、自分自身に満足しているんです。」

『マイティ・ソー バトルロイヤル』ハルクはなぜ話すのか、なぜ賢くなったのか?タイカ・ワイティティ監督、真意を力説
https://theriver.jp/thor-3-why-hulk-smart/

 

ソー役はクリス・ヘムズワースの兄でHBOドラマ『ウエスト・ワールド』などで知られるルーク・ヘムズワース。ロキ役はマット・デイモン。そしてオーディン役は『ジュラシック・パーク』(1993)主人公アラン・グラント博士役のサム・ニール

下記引用

『マイティ・ソー バトルロイヤル』演劇シーンの爆笑カメオ、監督が詳細語る

 

クオリティ…『マイティ・ソー バトルロイヤル』本物キャストが爆笑「4D」学芸会を披露

『マイティ・ソー バトルロイヤル』劇中シーンの解説動画が公開 ─ 監督の語るお笑い哲学とは