【感想・ネタバレ】せつなさに泣く『探偵はBARにいる3』だが伏線回収もすごい!

11-20-2018映画感想, 映画, 川崎, デート, チネチッタ, ネタバレ

大泉洋&松田龍平による探偵3は北海道だけでなく都内でも好調な様子!そんな映画の魅力を前半はネタバレ無し、後半からレビューをしつつ書いていきましょう。

 

俳優たちの個性が現れてて楽しい予習から

 

大泉洋&松田龍平の素のテンションを楽しめる特別番組がありました!

20分ほどなのでキャストのファンなら特に見ておいて損は無い動画です。前田敦子、リリー・フランキーも本音を語るのが楽しかったな~特に、

・敵のボスである北城役のリリーフランキが「お金を払ってでもやりたい!」と言う話

・脚本家が「大泉さんにはたくさんダメだしされて…」という下り

が面白かったです。探偵役の大泉がSMクラブから情報を聞き出す必要があったのですが…その後の彼の様子に脚本家は「やってやったぜ!」って感じだったんでしょうね(笑)ネタバレを後ほど載せたいのですが、あまりにもヒドイ言い回しだったから無理かなw

2月の北海道の極寒の海にパンツ一丁で張り付けられた大泉氏の立派な姿と、彼が苦しめば苦しむほどイイ!と言う松田氏のやり取りも必見!?

この下の見出しからネタバレありです!

公式サイト

繋がるストーリーは思い起こしても楽しめる(

 

今回は最初から最後まで小さなできごとが繋がってあとで生きていくストーリーが特に良かったです!例えば、麗子が「犯人は大きい人」と言っていたが、それは本当なのか?という点や、マリは妊娠していたが本当に子供を産めなかったのか?とか…この辺はまだ分かりやすい伏線(探偵が解説してくれてました)でしたね。

私的に「これは!」と思ったのは、マリから報酬の108万円を受け取ったのとかかな?封筒から出す際に100万円は束にしてきれいになっていたけど、その後ろにバラのお札があったので・・・律儀に消費税を入れててしかも、よく見るとちゃんと演出されているのが細かい!

物語を見ていく上で、「コレ、必要なの?」と思ってたら活用されてて驚いたのもあります。麗子がアイドルグループ『ネイキッド』好きとして、部屋にポスターやグッズがたくさんあり、探偵たちも「彼氏の写真は1枚だけあるよ」とネタにしてた話…後に麗子の居場所を突き止めて訪問した探偵が呼び出す際に活用されてましたね!
「ガス漏れの恐れがあるので~」って言っても一切応答が無かった部屋から、「ネイキッドのコンサートチケットを差し上げる」と言った瞬間にドアが開くという(笑)あの麗子と原田が順調に続くとは思えませんなぁw

探偵の事件解決編をマリの生涯から見ていくと…

両親を亡くしていたマリは娼婦として生きていた。酷い扱いの客にも抵抗しなかったのだろう、心身共に疲れ果てて抜け殻のように生きていた彼女。故郷が同じだったよしみで面倒を見ていた友人のモンローと探偵が雪の中、裏路地に座り込むマリを見つけた。

マリを居酒屋の温かい飲み物で迎え、探偵はいつも通りの調子で話している。とりあえず生きろ、生きてればそのうち命を燃やせることが見つかる。と…モンローに「たまには良いこと言う」と冷やかされながらも、マリは何か思ったようだ。

その後、扱いが酷いと言われていた北城の元に行ったマリは「ピュアハート」の責任者として手腕を発揮。工藤を従え、順調に経営を進めていった…が、マリがある日変わったのだった。

通院しモルヒネの内服薬を続けていた彼女の命は長くなかった。流産の影響か、娼婦として身体がボロボロだったのだろうか…そんなマリが病院で見かけた一人の少女。その子の誕生日は2/18…彼女の子も産まれていればこのくらいに成長していただろう。同じ誕生日というのもあって涙を流したのだった。

入院しており、女の子を救う会もあったので重病なのだろう。その子のために残りの生涯をかけてマリは大きな作戦に出た。それが探偵の巻込まれていく事件だったのだ。
映画を観た方用にマリの話を書いてみたが…重いですね。最終的にはマリは北城から1億円をもらって女の子に探偵が届けてハッピー!って見えませんよねぇ(泣)

  • マリはコンクリートに囲まれて鉄格子のあるような小窓からしか光が射さない部屋に収容。
  • 女の子は報道されてるマリを見て怖いと言う。
  • 探偵は一瞬、女の子がマリの子か!と思ったのにそんなセリフを聞いて切なくなって泣く。
  • 結果的に見ている我々も泣く!!!

と言うわけで、本編のあらすじも細かく書いていこうかと思いましたが今日はここまで。

希望があれば直ぐに書くかもしれませんが、過去作との比較と感想も書きたいな~3作あってどれが一番心にキタか…迷いますね!

 

 

え?もしかして。。。 #探偵はBARにいる3 #大泉洋 #松田龍平 #酪農学園大学 #映画の舞台 #小樽 #大泉洋地元 #おおあさ #やばい。みたい。いきたい。応募すればよかった… #江別市 #野幌 #田舎 #いい町#食べ物うまい#ワーナシネマ#大泉洋無愛想 #撮影現場みた #てんぐ#あまり調子に乗るな

ⓒ…mashさん(@mash9841)がシェアした投稿 –