【38度以下】インフルエンザと診察された症状と痛くない診察の経緯~イナピルで元気に~

02-22-2018お役立ち情報, 備忘録, 病気

インフルって38度以上の高熱が出ないと陰性になる…そう思っていたけど、37,5度の熱で不安になって病院へ!測ってから1時間は経っていたから37,7度まで上がった熱の結果…陽性反応!症状と処方された内容などをメモっておきましょう。油断して行かないでいるよりかは往診してもらう方がいいってことかな~12時間説とかもキッチリしすぎないのが良いのかも?

あなたの街でどれくらい流行してるか知ってる?

厚生労働省・感染症サーベランス事業のサイトの『インフルエンザ流行レベルマップ』で、週ごとに感染レベルがどれくらいなのかが分かるようになっています。例えば、「第50週(12/22更新)」と書かれているので最新情報かどうかも一目瞭然。都道府県から市区町村ごとに黄色だったり赤だったりと、注意報や警報レベルがどうなっているかも分かるので、「この危険性なら自分もなってておかしくないかも…」とか、予防をしっかりしようとか考えられますよね。

 

私が発症した時は「注意報」レベル

会社にて気だるさ、頭痛を感じた午前中、合間で上記のサイトにて感染情報を調べました。その時は黄色くなってたので、インフルではないかな?と思って昼休みに寝れば治るかと考えていました…が、症状は良くならなかったですね。

午前に体調不良を感じて午後に熱を測ると…

午後のチャイムが鳴ってしばらくした後に念のため熱を測ると37,5度でした。何とも微妙な値で早退するには言いづらい(笑)とは思いましたが、万一インフルエンザだった日には部内の20人以上の人にうつす危険性と、もし単なる風邪なら次の日に仕事を挽回しようと決心。上司に早退させてくださいとお願いしたのです。

 

病院に寄ったら?と勧められ…

病院が好きじゃないのもあり、なにより前にも同じような時期に熱が少しあった時はインフルエンザじゃなかったことから、そのまま帰宅しようとした私。しかし、帰り際に上司から「一応、病院も言ってみたら?」と言われたので行くことに…勧められたのに行かずに次の日も症状が悪いままだと説明の際に気まずいと思ったのでね。内科のクリニックを探すことにしました。

午後は14時からの所が多い…

水曜日に休みとかのクリニックが多い中、幸い火曜日だったので休診日ではなかったのですが…午前中に13時まで開いてて午後は14時からのところが多いんですね~確かにビジネスマンにとってはその方が良いか。会社の近くのクリニックは諦めて地元駅の近くにかかることにしました。来院日時を指定して検索できるサイトだと探しやすくて良かったです。

 

受付で記入から診察まで

診察券は忘れたけど自宅にあると伝え、保険証を提示。問診票には住所と症状を書きます。書くことを具体的に思い出して、「いつから」かをしっかり書いとく方が後の医師とのお話の時にスムーズですよ。そして熱を計測した結果、「37,7度」になっていたのです。

  • 前の日に重い咳と咳き込んだ時に胸の痛み
  • 今日は咳は治ったけど気だるさと少し頭痛
  • 関節痛は感じないけど、末端は冷えてる

上記を女医さんに伝えて聴診器での診察。咳の件があったから心配でしたが、特に問題なくて良かった。さて、症状からも微妙なインフルの検査は…

 

「念のため、インフルエンザの検査もしましょう」

 

というわけで、別室にて看護師さん?に対応してもらうことになりました

 

鼻が痛くないようにするには?

別室でナースさん?に検査=鼻に綿棒のような細いモノを刺す際に言われたのが

「奥まで刺していきますが、目を閉じないようにしてください。閉じると鼻の奥もしまっていくため、痛みが大きくなります」

とのこと!確かに理にかなっていますよね。必死に目を見開いて痛みを我慢することにしました。それでも痛みはありましたが、痛そうにしたせいでちゃんと刺してもらえず陰性になったら悲惨ですもの…

診断結果…

鼻に刺して10秒ほど、その部屋を出て数分診断結果を待った後に女医さんに呼ばれました。その結果…

インフルエンザA型

とのことで、ハッキリしたという意味ではホッとしたかな~何日間は自宅安静の旨を説明されて、「会社にお勤めですよね?」と柔らかく聞いて下さるお医者さん。はい、年内は出社不可能ですねと伝えました…さて、その後はまたナースさんの元で処方してもらえるとのことで「イナビル」 の使い方を教わりました。

イメージトレーニング推奨「イナビル」について

飲み薬ではなく、呼吸器系の薬とでもいうのでしょうか?「イナビル」 について載せておきますね。

  1. 「イナビル」 を思いっきり口から吸い込む
  2. 3秒呼吸を止める
  3. 上記を8回繰り返す

 ナースさんが「イナビル」を開けてコンコンと机に軽く打ってというのはやってくれました。粉状の薬を吸い込むため、

むせそうになる

のですが、「頑張って含めば高熱にならずに済むかも…!」と考えて必死に8回!まぁ、6回目くらいで一度むせてしまったのですがね。ひとまず、

上記のイメトレをしておく方が、朦朧とした時にスムーズに投薬できると思います。

病院の方も説明慣れしているせいで、やり方の説明が速かったと感じました。皆さんも予習しておいてくださいね。薬についてなんでこれで良くなるか不思議だったので、医師監修のサイトを調べた結果が下記です。なるほどな~

気になる費用は…

クリニックで一連の診察から処方まで終えてかかった費用は

3700円

ほどでした。ご希望があれば明細を載せますので、コメントか何かよろしくお願いします。

また、処方箋は高熱が辛くなったとき用の解熱剤が渡されるとのことで、近場の薬局へ行きました。

処方せん予約サイトが便利

最近ではネットから処方せんを送って、好きな時間に来店できるサービスがあるのですね。今度は登録して使ってみようと思います。土曜とか待ち時間長い時でも買い物してから寄れたらいいな~

高熱にならずに1日半後には、ほぼ元気!

薬を飲めたせいか、ワクチン未接種の割にはすんなり治ったインフルエンザ。その日は寝て汗をぐっしょりかいたのですが、次の日には鼻水が大変だった位で高熱にはならず済んでいました。また、発症から3日後には鼻詰まりのみで、ほぼ元気!家の中で家事を進めつつ、ウイルスをまき散らしたままにならないようスプレーを巻いて過ごしましたとさ。 除菌スプレーも家族にうつさないための防衛手段…処方せん薬局に置いてなかったら買えなかったので、あってよかったです。

種類がいくつかあるみたいなので、比較検討したい方はあらかじめどうぞ~置くだけで除菌できるやつの方が使いやすかったかな?