聞き上手の仕事上のメリット・理由を紹介!~○○であなたも信頼される~

02-10-2021お役立ち

話を聞くのが上手い、いわゆる聞き上手と言われる人は、信頼されるし異性にモテたりもするし、なぜなのか!?改めて聞かれるとわからないけど、理由を説明されれば「なるほど!」と思うものですよね。さて、聞き上手になるコツを紹介していくのですが、最後が一番肝心な項目となっているため、お見逃しなく!聞き上手の心がけや知識以外にも重要なポイントに触れていきましょう。

-

聞き上手でいるってどういうこと?あらためて考えよう

聞き上手とは話す側が「この人と話していると楽しい」「気軽に話せて気持ちが楽になる」と印象を持つ人のことです。

改めて言われると「確かにそうだ」と思いますよね。

相手に寄り添った聞き方をしつつ適切なタイミングで言葉をかけるため、多くの人から「あの人とまた話したいな」と思われるのです。

そうした人になれれば仕事で業務を任されやすくなったり、異性にモテたりと、さまざまな面で役に立ちますよ。

コミュニケーションを円滑にするだけでなく、自分に対する信頼感を上げるためにも、聞き上手を目指しましょう。

 

聞き上手な人の特徴とは?あなたはどういう人が聞き上手だと思う?

「あの人はなんで聞き上手と言われるのだろう?」と、聞き上手と言われる理由が気になる人も多いでしょう。ここからは、聞き上手な人の特徴を5つご紹介します。

聞き上手の特徴①楽しそうに聞いてくれる

友人との他愛もないおしゃべりや仕事上の付き合いにおける飲み会などでは、楽しそうに話を聞くのが聞き上手の特徴です。真剣に話を聞くのも大切ですが、ムスッとしながらよりも笑顔の方が相手も話しやすいですよ。

口角を持ち上げることを意識すれば、自然に表情が柔らかくなります。そして、話の中で「楽しい」「おもしろい」と感じたら笑い声も上げてみましょう。快活に笑う姿や軽快な笑い声は、場の雰囲気も良くしてくれます。

聞き上手の特徴②態度にも気を配る

態度に気を配るのも、聞き上手の特徴です。賢い聞き上手は、「それで?それで?話の続きは?」と身を乗り出すようにして相手の話を聞きます。「話の続きが聞きたい」という気持ちを態度で示すことで、相手を楽しませているのです。

また、アイコンタクトも大切です。目線を合わせて話を聞きつつ、ジッと見すぎない程度に視線を反らしましょう。男性が女性を見る際や初対面だと目を合わせるのが恥ずかしいと思う人も多いですが、その時には目ではなく眉間あたりを見て話を聞くのがおすすめです。

聞き上手の特徴③話し手に合わせた返答が上手い

相手の話に対して何も考えていないと「へぇ〜」「そうなの」「ふーん」と言ってしまいがちであり、無意識に人の話を聞く人と聞き上手な人の違いはここにあります。

聞き上手な人は相手が嬉しそうに話をしているときには「すごい!」「さすがだね」と言い、忙しそうにしているときには「仕事が忙しくて大変なんだね」と話の内容を踏まえつつ的確な返答をします。

そうした言葉選びは意識しないと難しいため、まずは自分がどういった言葉を発するのかを意識するのがコツです。そこから聞き終えた際の返答を少し変えたり、話の内容を繰り返すだけでも十分な効果があるので覚えておきましょう。

聞き上手の特徴④異性にモテる

聞き上手な男性は穏やかで包容力のある印象、女性の場合はおしとやかで控え目な印象をを持つことから、相手に安心感を与えます。そのような理由から聞き上手はモテるといえますので、意中の人がいるなら積極的に聞き上手になって損はないでしょう。

聞き上手の特徴⑤話を理解して共感するのが得意

相手の話を踏まえて共感する言葉を選ぶのも聞き上手の特徴です。例えば、恋人の愚痴をこぼしている男性に対しては、「女性との付き合いって君の言うとおり難しいよね」と寄り添う言葉をかけます。

女性がメイクやお化粧のこだわりを語った際には、「メイクを研究し続けるのってすごい!」と相手に喜んでもらえるような返事をします。話し手がどういう点を褒めて欲しいのかを常に見極め、共感する言葉を選んでいるため、「話していて心地がいい人」と思われやすいのです。

聞き上手な人の話の聞き方って?~話を続けさせるコツ~

「上手な話の聞き方とは?」と改めて問われると、すぐには思いつかないという人も多いでしょう。聞き上手な人の聞き方を認識し、取り入れていきましょう。

意外だと思うかもしれませんが、簡単な心掛け一つで「あの人は聞き上手だな」と相手に思ってもらえます。賢い聞き上手の特徴を4つ紹介するので、自分はどうやって相手の話を聞いているのかを見直してみましょう。

①話は最後まで聞くのが鉄則!腰を折ってはダメ

聞いたことのある話でも最後まで聞くのが、聞き上手な人のテクニックです。「この話は聞いたことあるな」と思って態度に出してしまったり、「その話の結論は○○ですよね?」と話の腰を折ってしまうのは良くありません。途中で言葉をかけたくなることもあるかもしれませんが、辛抱強く話を聞くのが賢い聞き上手ですよ。

②話の続きを促すのが上手い

聞き上手な人は話の続きを促すのも上手です。友人の恋愛の話に対して「それで、それで?」と話を促したり、男性が仕事で悩んでいる時に「あなたはどう思うの?」と親身になったりすると、相手は話を続けやすくなるでしょう。肯定しながら話を聞いてあげると、話し手の気持ちも前向きになりやすいです。

③アイコンタクトや姿勢も大切

話をしっかり聞いてくれる人の特徴に、視線や態度、表情の使い方が上手という点も挙げられます。例えば、相槌をとりつつ相手の目を見て話を聞くようにすると、「自分の話をしっかり聞いてくれてるんだな」と思われやすくなります。また、前のめりの姿勢をとることで、話を熱心に聞いていることをアピールできます。

聞き上手になるには、改めて話を聞くときの視線や姿勢を客観的に見直すことが大切です。初対面の相手や女性と目を合わせるのが恥ずかしいという人は、眉間を見つめるようにすると無理なく視線を合わせられるでしょう。

④話を聞く際の「間」にも気を配る

話しやすい相手とは間の取り方にも特徴があります。話を聞きながらゆっくりと「うん、うん」と間をとるようにすることで、話を聞いていることが伝わります。そうして話し手のペースに合わせた間をとることで相手は安心し、「この人にまた話を聞いてもらいたい」と思われます。話を急かすのではなく、「間」を大切にするのが聞き上手のコツの一つと言えます。

聞き下手な人の話の聞き方は?

聞き上手な人が仕事や恋愛で成功する一方で、聞き下手な人は損をしています。「あいつは聞き下手だから話しても仕方ない」と思われて仕事が回ってこなくなったり、恋愛でも「あの人と付き合うのは嫌だな」という可能性もあります。そこで聞き下手な人の特徴を4つ紹介しますので、心当たりがないか省みてみましょう。

①話を遮って最後まで聞いてくれない聞き下手

話を聞いてもらっている時に、話の途中で内容をまとめてしまうのが聞き下手の特徴の一つです。例えば、仕事で普段からの愚痴をこぼしていると「要は仕事が嫌なんでしょう?早く転職先を探しなよ」と、話を一方的にまとめてしまうことはありませんか?

もちろん、内容をまとめることは結論の一つとして正しいこともありますが、話している人にとっては「そういうわけにもいかないんだよ!」と思うことも多々あるでしょう。もう少し親身になったアドバイスを考えたり、聞き上手な人なら大変さをわかった上で「大変だね」と言ってくれますよ。

他にも恋愛の話において「恋人が気を遣ってくれなくてツラい…」、「この前も仕事で…」と愚痴をこぼす人に対し、聞き下手な人は「わかる!自分もね〜」と自分の話に変えてしまう人がいます。共感しているからこそそうした言葉が出てくるのはいいのですが、自分の話に切り替えてしまうのには注意が必要です。

相手は「話が途中でまだ終わって無いのに…」とモヤモヤした気持ちを抱えてしまいます。話を遮ることや最後まで話を聞かないで自分の話をしてしまわないよう気を付けましょう。

②聞き下手は相づちや態度にイラッとされてしまう

話を聞きながら「うんうん」と相槌をしすぎたり、目線を合わせて話を聞いてもらえなかったりすると「本当に自分の話を聞いてるの?」と思われてしまいます。そうした相槌や態度にイラっとさせてしまうのが聞き下手の特徴ですね。

また、アイコンタクトを意識せず目を伏せがちな人や、パソコンやスマホを見ながら話を聞いてしまうという態度も注意です。他にも仕草で言うと足を投げ出して組んでいたり、だらりとした姿勢も良くありません。

相槌がいつも同じに聞こえないようにしつつ、目を合わせて話を聞けば「君の話を真剣に聞いてるよ」と伝わりますよ。相手が話す気を失わないよう態度に出さないようにしたり、上の空にならないよう気をつけるのが聞き上手のコツです。

③恋愛や仕事の話に聞き下手は共感してくれない

女性や男性を問わず、恋愛面で好きな相手がいるという話において「悩んでないで早く告白すれば?」と言ってしまうことはありませんか?ウジウジと悩んでいる相手を見かねてそう思うのかもしれませんが、悩み事態に共感して欲しいという理由から相手は話すことも多いので気を付けましょう。

他にも仕事面において部下や上司とのコミュニケーションに悩んでいる友人に対し「自分ならこうするのに、あなたは何故できないの?」と共感せずに返答することは聞き下手な人のしがちな行動です。

自分ができることは相手にもできると思ってしまうタイプの聞き下手だと「あの人に話すと説教されるから話すのは止めよう」と思われてしまうので注意しましょう。

④「でも」「いや」と言ってしまう聞き下手の特徴

話を聞いている最中に「でも、それって…」「いや、ちがうんじゃ…」と否定的な言葉を返してしまう聞き下手もいます。相手の話を聞いて「自分はそうは思わないな」と考え、思わず否定的な一言から始まってしまうかと思われますがこれでは相手は良い気がしません。

話を聞いて欲しい人がそうした否定的な言葉を受けると「こんな話をして悪かったな」「この人は自分を否定してくるみたい」と思ってしまいます。そのため、相手の話に対して違う意見があったとしても、なるべく寄り添った言葉を考えるのがコツです。

まずは「そうなんだね」と言うようにしつつ、大変だったなら「頑張ったね」と付け加えるようにしましょう。反対意見を言いたい際には「こうした考えもあるかもよ?」と促すように伝えるのがおすすめです。

聞き上手な人が仕事も人付き合いもうまくいく理由

仕事や恋愛面においても聞き上手になると多くのメリットがあります。どういった特徴があるのかそれぞれ紹介しますので、男性も女性も活用してみてください。

賢い聞き上手は仕事で上司や部下たちに好かれる

仕事ができる人といえば業務に関する技術だけではなく人望も大切です。男性・女性を問わず「あの人は頼りになる」と思われるには、聞き上手であることに越したことはありません。例えば同僚や後輩の話をしっかり聞いていれば「あの人は仕事の話がしやすい」と思われます。

また、上司の話を真剣に聞いていれば「彼(彼女)になら仕事を任せられる」と思ってもらえますよ。仕事を円満にこなしていくためにも聞き上手になることをおすすめします。

話し上手よりもメリットがある聞き上手

話し上手の人の方が聞き上手よりメリットが多いと思う人も多いかもしれません。意外にも聞き上手の方がメリットがあります。例えば営業や接客の仕事を例に挙げると相手のニーズを引き出すためによく話を聞き、相手が何に不満を持っているのか、新しい機能を取り入れるための障害になるポイントは何かを聞き出せるためです。

顧客満足や営業成績アップのためにも、話すことより聞くことを気を付けてみましょう。

恋愛にも役立つ聞き上手の特徴

聞き上手は恋愛でも上手くいきやすいです。相手の話を真剣に聞きつつ、的確なタイミングで相槌をうつのが上手いため聞き上手はモテる人も多いですよ。また、最後まで相手の話を聞き終えた際に「偉かったね」と褒めたり、共感したりすることで親密になりやすいのが特徴です。

気分を良くした相手は「あの人とまた会いたいと思うことでしょう。男性でも女性でも聞き上手のコツを身につければモテることまちがいなしです。

聞き上手になるための5つのテクニック

聞き上手と言えば悩んでいる人がいたら適切にアドバイスをするものだと思う人も多いかもしれません。しかし、実際は「聞いてくれるだけでスッキリする」と思う人もたくさんいます。そのため、まずはしっかり相手の話を理解しながら聞くのがおすすめです。ここでは誰にでもできる聞き上手のコツを5つ紹介しますので、取り入れてみてください。

①話に合わせて言葉や態度を選ぼう

相手のテンションや話の内容に合わせて言葉を選ぶの聞き上手のコツです。恋愛の話をウキウキとする相手には嬉しそうにしながら「良かったね!」と言い、仕事で大変でも頑張っている人には真面目な面持ちで「頑張ってるね」と言います。そうした相手に寄り添った言葉や態度をとることで「この人は聞き上だな」と思ってもらえます。

②聞く割合と話す割合にも注目

話全体の割合を10として、「聞くのを7割、話すのを3割」を意識しましょう。というのも、話を聞くだけと思っていると「そうなんだ」「うんうん」という相槌だけになってしまいがちだからです。「聞き手は3割も何を喋るの?」と思うかもしれませんが、相手の話をまとめながら聞くのがコツです。

例えば男性が飲み会の誘いに誘われて辛いという話をしたら、「あなたはマジメだから、誘いを断るのが苦手なんだよね」と加えてみましょう。相手の話の内容を把握しつつ、「○○だから大変なんだね」と言えると好感度もアップします。上記の例のように真剣に聞いて所々で共感する言葉を返すのがおすすめです。

③聞き上手は「オウム返し」を使っている!

賢い聞き上手は相手の言葉を繰り返す「オウム返し」と呼ばれる手法も使います。例えば仕事の話で女性が「上司から作った資料がわかりやすかったから褒められたんだ」と言ったら、「資料がわかりやすくて褒められたんだ」と返しましょう。同じ言葉を繰り返すことで相手は自分の話を聞いてくれていると感じます。

また、具体的な部分も踏まえて相手の良さや褒めるべきポイントを加えるのもテクニックの一つです。「プレゼン用のパワーポイントが好評だったのは、あなたが見る側の立場を考えたからなんだね」と言えれば「自分のことを理解してくれてるんだな」と伝わりますよ。

その人の良さも踏まえつつ、話を聞いているとアピールできる「オウム返し」をするのも聞き上手のコツです。

④賢い聞き上手の使う「あいうえお」

聞き上手の特徴には「あいうえお」と呼ばれる心がけがあります。それぞれが以下の単語になっていますので説明していきましょう。

あ=相手の事を
い=一生懸命
う=うなずきながら
え=笑顔で
お=終わりまで聞く

上記を見ると「確かに聞き上手なあの人の特徴に当てはまるな」と思われるかもしれません。相手の話をしっかり聞き、相槌や笑顔をしながら最後まで聞くという内容になっています。話を聞く上での基本的な心がけとして男性・女性問わず使えるテクニックですが、意識しないと笑顔を忘れたり上の空になったりしますので気をつけてみましょう。

⑤話を聞いて「さしすせそ」で返答するのがコツ

賢い聞き上手は相槌として返す言葉も使い分けています。聞き上手のための「さしすせそ」という言葉があり、それぞれの単語は以下の頭文字になってるので確認してみましょう。

さ=さすがです
し=しらなかったです
す=凄いですね
せ=センスいいですね
そ=そうですね

相手の話を聞いて「さすがですね」と返したり、聞いたことの無い話なら「知らなかったです」と返したりできるため、とても便利な単語ばかりです。また、「センスがいい」という言葉は、「おしゃれ」「かわいい 」とも言い換えることができるので、上記の「さしすせそ」から発展させた言葉も覚えておくと良いでしょう。

男性がネクタイを買った話をした際に「ネクタイ選びのセンスがいいですね」と言い、女性がおすすめの食事場所を教えてくれた際に「さすがですね。知りませんでした」と返したりしてみましょう。

聞き上手になるための相槌とNG例

話を聞く姿勢や考え方に加えて聞き上手は賢い相槌も使います。どういった相槌が良くないのかを紹介しつつ、言い換え方や注意事項も説明しましょう。

「うんうん」と2回相槌はNG

相手の話を聞いて「うんうん」と相槌をすることは多いですが、同じ言葉を単調に繰り返すしたり多用しすぎると生返事に聞こえてしまうので注意しましょう。賢い聞き上手は「うん、うん」と相手の話の終わりに合わせて的確に相槌を打つようにしています。

また、「へー」「そうなんだ」という相槌にも言えることですが、抑揚が無いと「自分お話に関心が無いのかな?」と思われてしまいますよ。「うんうん」やリアクションが薄く聞こえてしまう相槌に気を付けつつ賢い相槌を心がけましょう。

否定語を返してしまう相槌に注意!

嫌われがちな聞き手の特徴として「でも」「だって」「けど」といった否定語を使うことが挙げられます。相手の話を聞いてて思わず「いや、それは…」と言ってしまうこともありますが、そうした否定する相槌は話し手にとって嫌な気持ちになるものです。そのため、話の脈絡がおかしかったり、自分の意見を言いたくなっても第一声で否定するのは止めましょう。

まずは「つらかったね」「嫌な思いをしたね」と共感する相槌を返してから「でもその話には別の考え方もあるんじゃないかな?」と言葉を続けるのが良いでしょう。相手の意見を尊重しつつ、自分の考えを述べるのが賢い聞き上手です。

聞き上手はモテること間違いなし!?根拠は…

聞き上手な人は男性・女性問わずにモテますが、それは自然と話ができて安心できる相手だからと言えるでしょう。相手に合わせて話を聞いてくれる異性は安心できてとても魅力的です。なぜ聞き上手がモテるのか紹介します。

聞き上手は相手の緊張を解くからモテる

初対面でも緊張されにくいのが聞き上手の特徴であり、モテるポイントでもあります。異性に対して警戒心を抱いたり緊張したりする人は多い中、「初めて会ったけど話しやすかった」と思われればどうでしょうか?

話しやすいと思われるとそれだけで他の人よりもモテる要素があると言うことです。その際に、最初から相手の悩みを聞いて解決してあげるというハードルの高さは必要ありません。

相手の話に合わせて相槌を打ったり、話していることをしっかり聞いていると言うことが伝わるだけで大丈夫ですよ。こうした心がけは一見、簡単そうに思えて意識しないと意外と難しいので注意してみましょう。

また会いたいと思われるのが聞き上手

男性でも女性でも初対面の相手が聞き上手だとまた会いたいと思われやすいです。聞き上手は例えば、お見合いや街コンなどで出会った人がおしゃべりで人の話を聞かないタイプだとします。

そんな異性に会った際に「今だけだから話を聞いておこう」と思われて、また会いたいとはあまり思われないでしょう。一方、初対面から聞き上手とわかる相手なら「またこの人に合って話がしたい」と思われるためモテると言えます。

恋愛や仕事に活かせる聞き上手の方法

賢い聞き上手の特徴やコツの紹介をしてきましたが、これらを知っているだけでは聞き上手になれません。当たり前のことのようですが、知識を得て満足してしまう人が多いのも確かです。

そのため、改めて自身の聞き方を省みて、何ができていないのかを確認してみましょう。「自分の相槌は抑揚が無くて関心が無さそうに見えるかも」と気付ければ次から気をつけることができますよ。「聞くのが上手い女性になりたい」「聞き上手になって恋愛に自身を持ちたい」など目標を持って聞き上手の道を歩んでみましょう。

お役立ち